カップルでLINEを楽しむためのコツを知っておこう!

カップルでLINEを楽しむためのコツを知っておこう!
カップルでLINEを楽しむことが出来れば、二人の距離を更に近づけるのが可能です。ではカップルでLINEを楽しむために知っておきたい内容について、お伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

LINEの頻度について

カップルでLINEを楽しむためのコツを知っておこう!NEの頻度はとても重要です。特に重要だと思うのは女性のほう。これを男性としては理解する必要があるのです。

女性の望むLINEの頻度を理解する

女性がどのくらいのLINEの頻度を望むのかを、知るようにしましょう。でも最初はそれが分かりにくいもの。これを分かるためには最初は少なめにLINEを送るようにしてみましょう。
少なめにLINEをしてその返信具合により、もう少し増やしてもいいのか、このぐらいがいいのかが分かるのです。最初から頻度が多いと、相手を困らせてしまう可能性も。

自分の望むLINEの頻度を伝える

自分としては、どのくらいの頻度でLINEをしたいかを相手に伝えてみましょう。でも、ここで気を付けたいのは押し付けにならないようにすることです。押し付けになってしまうと、どうしても女性の負担になるでしょう。
負担にならない程度に自分の希望を伝えて、出来ればだけど…と言っておけば、相手の心には届くはず。

LINEしたい時にする

LINEしたい時にすると決めて、あまり頻度にこだわらないのもひとつの方法です。あまりこだわると自分への負担やストレスになる場合も。LINEをしたい時にするというように決めておけば、そのように思わなくても済むのです。
気楽な気持ちでLINEをしていくようにすれば、相手とのやりとりがより楽しいものになる場合もあるでしょう。

LINEで送る内容

LINEでどのようなメッセージを送るといいのでしょうか。相手にとって楽しいと思う内容を選ぶようにしたいですね。

相手を気遣う内容

自分のことばかり伝えるのではなくて、相手を気遣う内容を書きましょう。相手が疲れていそうなら「暑い日が続くけど、大丈夫?無理していない?」と書くと、女性はとても嬉しい気持ちになるのです。
ここで「〇〇ちゃんは頑張り屋だから」と書いてあげると、女性は更に嬉しいでしょう。いつも認めてほしくて頑張っているようなタイプの女性なら、時にはこういう言葉をメッセージとして伝えると効果的です。

自分が感動した内容

自分にとってこれは感動した!と思う内容なら共有してもいいかもしれません。もし反応がいまいちだとしても、純粋な男性だな…と思われるでしょう。
自分について知ってもらう時には、自分が感動した内容を伝えると分かりやすいです。自分がどのような出来事に感動しやすいか伝えると、相手の価値観と合うかも分かるもの。相手との価値観の違いを知るためにも、感動した内容をたまには書いてみましょう。

LINEで書かないほうがいい内容

LINEでのやりとりで書かないほうがいい内容もあるのです。NGになりやすい内容には気を付けましょう。

しつこく質問をする

昨日何してたの?と、とても気になったとしても、しつこく質問を繰り返すのは、やめておきましょう。相手には言いたくない場合もあるのです。それに対して何度も質問をしてくるのは、デリカシーの無い男性と思い嫌われてしまう可能性も。
マメとしつこいのとは違うと理解をして、質問についても慎重にする方がいいですね。

相手の嫌いなネタを書く

相手があまり好きではない芸能人について、わざわざ書くようなことをしても、楽しい内容にはなりにくいでしょう。それよりも相手が好きなアーティストなどのネタを書いた方がいいのです。
でも好きなアーティストですから、配慮をして悪口を書くのはNG。この曲いいよね!と書くようにすれば、分かってくれている!と思い女性の返信が増えていくでしょう。

人の悪口を書く

人の悪口や愚痴については、極力控えましょう。決して楽しい気持ちにはならないからです。「この人、他では私に対しても悪く言っているのかも」と信頼されなくなってしまいます。悪口や愚痴よりも、誰か他の人について尊敬していると言ってみたり褒めたりする方がよっぽど好感が持たれるでしょう。
悪口や愚痴を書いてく男性は、いつの間にかブロックされてしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

スタンプの使い方について

カップルでLINEを楽しむためのコツを知っておこう!スタンプについてどのように使っていますか。スタンプが好きな人もいれば、そうでもない人もいるのを理解する必要があるのです。

多用しないこと

スタンプを多用するのは、ただ見せびらかしたいと思われたり、楽をしたいと勘違いされたりする可能性があるので、あまり良くありません。時には癒しのスタンプがほしいと思う女性もいるかもしれません。
でも自分からスタンプ送って!という女性は少ないでしょう。スタンプよりも、男性からの言葉の方を求める女性が多いからです。

プレゼントしすぎないこと

可愛いスタンプだなと思ったから…と何度もスタンプをプレゼントしていると、相手の女性から見て迷惑になる場合があります。女性としても感謝の言葉は言わなくてはいけないと思うかもしれません。
でも本当は迷惑なんだと思っている可能性もあるのです。プレゼントばかりされたら、こちらも返さないといけない…と思い、スタンプを選ぶ手間がかかってしまうことも。
お互いにスタンプ大好きならいいのですが、そうではない場合もあると理解しておきましょう。

スタンプで済ませようとしないこと

忙しい時には、スタンプのみで終わらせようとする男性もいます。それよりもまたね!とメッセージをもらった方が嬉しい女性は多いでしょう。
またね!と打つ方が大変な場合もありますが、どのスタンプにすればいいのか選ぶのが大変な可能性も。こう考えると「またね!」と書いた方が自分も楽かもしれません。
スタンプだけで済ませると「軽く見られている…」と女性が誤解して悲しい思いをする場合もありますので、出来るだけ避けるようにしましょう。

まとめ

カップルでLINEをする時には、自分本位ではなくて相手を楽しませたり喜ばせたりすることを意識するのが大切に。相手が楽しく思ってくれるのなら自分も嬉しいと思う気持ちが必要です。
相手が楽しいと思っていないようなら、今日は短めのやりとりにするなどの配慮も要るでしょう。こうしてお互いに配慮をし合ってこそ、カップルでLINEをするのが、楽しくなり充実したものになるのです。

[編集部オススメ記事]
営業でSNSをうまく活用しよう!敏腕営業マンは既に行っている!
社内恋愛から結婚を進めるための4つのポイント
恋愛が怖いと感じる男性急増中!今スグ恋したくなるコツ
社内恋愛は告白する前が肝心?失敗しないタイミング

カテゴリー

PICK UP

  1. からかう人の心理ってなに?そこに隠されている思いとは?
  2. 彼女に会いたいけれど、簡単に会えない時にどうするべき?
  3. 自信喪失した時に元気になれる解決策はココ!あなたに贈る処方箋
  4. 社内恋愛で失恋したときの立ち直り方
  5. 営業の志望動機は新卒の場合どのように伝えるべき?
  6. 営業の転職で資格により優遇されるものとは?
  7. 顧客管理の方法について気をつけておきたいこと
  8. 営業の志望動機を面接で伝える時に印象を良くするコツ
  9. 社内恋愛は告白する前が肝心?失敗しないタイミング
  10. 思い込みが激しい人の特徴を知って上手に付き合う方法
PAGE TOP