モテる人は何処に違いがある?モテる男の特徴4選

モテる人は何処に違いがある?モテる男の特徴4選
モテる人とモテない人・・・。パッと見てもわからないですが、女性はどんなところを見て男性に好感を抱くのかが謎ですよね。男目線と女目線では違うので、職場のモテる人をみてもイケメンではないのに「どうしてアノ人が?」と目を疑ってしまうこともあります。アノ人に比べたらまだ自分の方が・・・という気持ちを抱いたこともあるのではないでしょうか?
モテる人をじっくり観察して研究したいところですが、男の目から見ても答えが出てこないことが多いかもしれません。それでは、今回は女性からモテる人の特徴をお伝えします。

会話力がある人

モテる人と会話をすると、なぜか楽しくて男同士であっても人として好感を持ちます。何気ない会話が、モテる人の言葉のセンスによって大きく変化する瞬間、こちらの負けを認めざるを得ないことがありますよね。
会話上手は、仕事においても恋愛においても強みになりますので、会話のセンスを自分にも欲しくなるのではないでしょうか。会話力があるモテる人は、決して会話の最中に周囲が不快に思う発言をしないというのも、一緒に会話をしていて気持ちがいい理由かもしれません。相手に合った話し方ができるということも、好感度が高くなるポイントであり、身につけたい一つです。

押し付けない優しさ

モテる人は、相手に対する優しさがさりげないと、感じたことはありませんか。気遣いが女性並みにできる男性は、知らぬ間にモテる人の名前に挙がっていることも・・・。普段目立たない存在の同僚が、いつしか女性の間でモテる人になっていた、ということもありますよね。誰に対してもさりげない優しさに、思わずこちらも「ありがとう」とお礼を言いたくなることはないでしょうか。
しかし、自分自身をアピールするような、わざとらしい優しさを見せつけても、女性どころか男同士にも嫌がられてしまいますので、気をつけなければいけません。

清潔感がある

モテる人はイケメンではなくても、清潔感がある身だしなみですよね。匂いのキツイ香水をつけているわけでもなく、髪もボサボサではない、良い意味でも悪い意味でも普通の男性です。しかし、よく見ると持ち物や服装の一部に、自分の個性を主張するものがさりげなくある、などのこだわりを持った男性が、モテるように見えますよね。清潔感を保つ雰囲気が、モテるオーラを作り出しているのかもしれません。
個性を主張しすぎずにさりげなく取り入れるお洒落さに、女性の目は鋭く反応しているのです。個性的過ぎても、好き嫌いが分かれてしまうので、雑誌やSNSで服装や髪型のチェックをしておくと参考になるでしょう。

男らしい行動力

モテる人は、行動力が違いますよね。とっさの判断力も優れていることもあり、無理やり他の人に仕事を押し付けるようなことはせず、状況を見ながら行動していきます。自分がきることを手早く丁寧にこなす行動力は、みんなが憧れてしまうほどですよね。
さりげなく車道側を歩いて女性をサポートするしぐさや、いざというときに率先して動いて仕切ってくれる動作が、女性の目には男らしいと映ることが多いのです。ちょっとしたことでも、気に掛けながら行動できることがモテる人の特徴です。

まとめ

モテる人の特徴は、自らが進んでモテ自慢をするわけでもなく、サービス精神の良さと行動力が兼ね備えられた男性に多いことがわかります。モテたいと焦ってばかりいては、周囲は引いてしまうだけです。できることから変えていくことで、モテる人に近づくことができるのではないでしょうか。
しかし、モテる人はいいなと遠くで見ているだけでは、女性から声をかけられることもまだまだ先になってしまいますよね。どうしたらモテる人のようになれるのかを、自分と比較していきながら自分磨きのチャンスに繋げていきましょう。

[編集部オススメ記事]
社会人の彼女と仲良く長続きさせる秘訣!
一途な男がやっぱり好き!女性が選ぶ理由はココだった
二股の心理ってどんなもの?二股をする女性の心理
男のスキンケアで肌磨き!賢い男のケア方法

カテゴリー

PICK UP

  1. からかう人の心理ってなに?そこに隠されている思いとは?
  2. 彼女に会いたいけれど、簡単に会えない時にどうするべき?
  3. 自信喪失した時に元気になれる解決策はココ!あなたに贈る処方箋
  4. 社内恋愛で失恋したときの立ち直り方
  5. 営業の志望動機は新卒の場合どのように伝えるべき?
  6. 営業の転職で資格により優遇されるものとは?
  7. 顧客管理の方法について気をつけておきたいこと
  8. 営業の志望動機を面接で伝える時に印象を良くするコツ
  9. 社内恋愛は告白する前が肝心?失敗しないタイミング
  10. 思い込みが激しい人の特徴を知って上手に付き合う方法
PAGE TOP